SOBU Design「こだわり」

構造のこだわり

SOBUデザインでは、見た目はもちろんですが、お施主様が安心して長く暮らせるよう、素材にもこだわります。その中でも、1番重要な「構造」には、紀州産ひのきを全ての家に標準装備。その強さは、鉄の4倍以上の引張り強度、コンクリートの5倍以上の圧縮強度といった粘り強さを誇ります。さらに軽さにも優れ、家の重さに比例して揺れのエネルギーを増す地震に対して、しなやかな耐震性能を発揮します。

また、伐採後も木は呼吸をつづけ、室内の湿度変化に応じて湿度を吸収したり、水分を放出したり、いわば、自動で湿度調整を行うエアコン機能。鉄やコンクリートに比べて熱伝導率が低く、断熱性能にも富んでおり、1年を通して快適な室内空間を実現します。

さらに、桧には、揮発性物質の一種とされるフィトンチッドが含まれています。その香りは、人の大脳中枢を刺激し、神経を安定させ、精神集中を容易に促す作用があります。そのため桧を用いた住まいには、ほのかな香りに包まれる森林浴のようなリラクゼーション効果が得られるのです。桧に含まれる成分には、フィトンチッドの他にもヒノキチオールやアルファピネン、カジノールなどがあります。それらは、抗菌、抗ダニ、防臭などの働きが認められています。そして、優れた制菌・抗菌作用は、喘息やアレルギー皮膚炎の原因であるダニの増殖を防止。健康的な暮らしを守ります。

ゼロエネルギー住宅へのこだわり

SOBUデザインでは、ゼロエネルギー住宅への挑戦を行い、国土交通省からの認定も受けている、実績ある住宅会社です。デザインだけでなく、次世代の基準にもしっかり対応できる設計力で、常に高性能の住宅を可能にしています。

ゼロエネルギー住宅は、従来の住宅にはない、省エネルギー効果を実現した高性能住宅に、太陽光発電システムを搭載することで、実質エネルギー消費をゼロにするものです。また、長期優良住宅にもしっかり対応している住宅ですので、快適な暮らしをご提供できます。

基礎のこだわり

SOBUデザインでは、すべての家に「ベタ基礎」を採用。

基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっています。そのため、家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

しかし、ベタ基礎だから安心、安全というわけではなく、その下の地盤そのものが悪い場合には、いくらべた基礎でも不等沈下を起こすこともあります。

SOBUデザインでは、しっかりとした地盤調査、必要な時には地盤改良を行い、その上で、ベタ基礎を採用し、安心安全な家づくりに努めます。

一元管理のこだわり

SOBUデザインでは、設計士が現場の管理をそのまま行います。そのため、現場でのやり取りミスや、図面の内容が現場で反映されないといったようなイージーミスを防止します。

また、設計段階でお施主様と打合せをさせていただいたイメージが、現場に反映されていないというようなことがよく起こるこの業界ですが、それは、「設計士と現場監督が別人」だということが原因として挙げられます。

そういったことの内容、SOBUデザインでは、最後まで責任を持った管理を行っているので安心していただけます。